skočit na navigaci | skočit na obsah


not logged in
Login
language select: cn cz de en es fr it jp nl pl ru

テルチ.
fotografie: previous | next

nahoru ^


テルチ - 紹介

テルチュは、モラビアの南西の端に、プラハとウィーンの半ばほどのところにあります。伝説によると、モラヴィアの公爵オット第二世は、ボヘミアの公爵ブジェチスラヴを1099年にやぶって、テルチュを設立したといいます。このオットは、町の礼拝堂、後ほどは教会、そして今日では「旧市街」と呼ばれる村落を作ったといいます。16世紀の後半に、ザハリアーシュ・ズ・フラデゥツェの支配の下で、町はもっとも繁栄しました。19世紀の終わりごろ、町には線路が敷かれて、テルチュの意味が更に重要となりました。とはいえ、城門と池に挟まれている町の歴史的な中央部はその本来の独特の魅力をそのまま維持してきたので、1992年には世界遺産として登録されました。その魅力のため、毎年のように数多くの観光客がテルチュを訪れます。

歴史地区

同市は14世紀終わりの大火の後に、その基礎が造られました。池に囲まれた多くのルネッサンス、バロック様式の街並みが当時のまま残っています。ゴシック様式のテルチ城は16世紀終わりにルネッサンス様式に再建されました

Information centre

Tourist programmes

nahoru ^ | tisk | komentovat

Viewed 15001 times