skočit na navigaci | skočit na obsah


not logged in
Login
言語の選択: cn cz de en es fr it jp nl pl ru

リトミシュル.
fotografie: 前へ | 次へ

nahoru ^


リトミシュル -

リトミシュルは、チェコとモラヴィアとをつなぐ古代の貿易街道に、10世紀から11世紀にかけてできた町です。町のランドマークは、壁面に8千以上のスグラフィット画が描かれたイタリア風のルネサンスの宮殿で、これは1999年に世界遺産として登録されました。有名な作曲家ベドジッヒ・スメタナはリトミシュルで生まれ、毎年この地では彼の名前をかかげてオペラ・フェスティバルが催されます。500メーターほどの広場には、ゴシックの市庁舎と数多くのルネサンスおよびバロック様式の建物がみられます。そこから、歴史にあふれる小路で修道院の庭園(クラーシュテルニー・ザフラダ)まで散歩することは、忘れられない体験となるでしょう。ほかには、ヨゼフ・マーハルの壁画博物館(ポルトモネウム)が見どころです。しかし、リトミシュルといえば、歴史ばかりではありません。町中には、数多くの現代的な建築も眺められ、「咲いている町」として評され、今日は、様々なマーケットや展示会などが行われる町として多くの人々が訪れています。

庭園群と城

16世紀後半に建てられたルネッサンス様式のリトミシュル城はイタリア風アーケードを見事に採り入れています。内部は18世紀の終わりに改装されましたが、独特のスグラフィット技法による外壁、切妻などルネッサンス調の外装はほぼ当時のままです。城だけでなく商店、庭園も保存対象になっています。

案内所

観光プログラム

nahoru ^ | tisk | komentovat

Viewed 6 times