skočit na navigaci | skočit na obsah


not logged in
Login
language select: cn cz de en es fr it jp nl pl ru

レドニツエ-ヴェルティツエの文化的景観.
fotografie: previous | next

nahoru ^


レドニツエ-ヴェルティツエの文化的景観 - 紹介

レドニツェとヴァルティツェは、12世紀ごろ巨大な城があったところにあります。今日ここにあるのは、ロマンチックな宮殿と、可愛らしい町と魅力的な景色です。長い歴史の中で、14世紀の終わりごろ、土地の所有権をリフテンシュテイン族が得たのは、極めて重要です。今日300平方キロメーターほどあるこの地区は、イギリス公園のように改善されています。その中ではバロックの建築の新ゴシックの宮殿とロマンチック様式の建物が顔を合わせています。レドニツェとヴァルティツェの地区は、1996年に世界遺産として登録されました。

17世紀から20世紀に当地を支配していたリヒテンシュタイン公爵が、イギリスの景観デザインを採り入れ、バロック、ネオゴシック様式の城のほか小規模な建造物と景観を巧みに配した巨大な公園に仕立て上げています。

Information centre

nahoru ^ | tisk | komentovat

Viewed 5114 times