skočit na navigaci | skočit na obsah


not logged in
Login
言語の選択: cn cz de en es fr it jp nl pl ru

クトナー・ホラ.
fotografie: 前へ | 次へ

nahoru ^


クトナー・ホラ -

クトナー・ホラは、その名前が示すように、昔は銀が採掘される場所でした。1142年に近くのセドレツ村でシトー修道会が創立され、13世紀にはもとの鉱山村クトナ・アンティクヴァが設立され、まもなく豊かな町となりました。1300年に、ボヘミア王ヴァーツラブ第二世がここで鉱山法「イウス・レガーレ・モンタノールム」を公開し、同年に王国のコインの改革をはじめました。凡そ百年後にヴァーツラヴ第四世はカレル大学の改革を進める法律をここで発表します。クトナー・ホラは、ボヘミア王国の宝庫といわれ、その豊かさはボヘミア王国を長く支えました。こうした歴史と様々な遺跡により、1995年にクトナー・ホラは世界遺産として登録されました。

歴史地区、聖バーバラ教会、セドレッツの聖母マリア大聖堂

13世紀の終わり以降、クトナー・ホラの歴史は銀の採掘と切り離せません。歴史地区はヨーロッパの重要な建築遺産となっており、後期ゴシック様式の聖バーバラ教会、バロック・ゴシック様式に再建されたセドレッツの聖母マリア大聖堂がかつて王家の銀鉱山の街として栄えた面影を忍ばせています。

案内所

観光プログラム

nahoru ^ | tisk | komentovat

Viewed 4 times